地方の未来は明るい!だって、私たちが元気にするから~鳥取発~ITで、地方創生
PICK UP

絹100% 長さ12.5m 巾38.5cm(広巾)
沖縄織物検査済の証、沖縄県伝統的工芸品の証が付いております。
◆最適な着用時期 10月~翌年5月の袷頃
5月下旬~6月、9月~10月上旬の単衣頃

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン カジュアルパーティー、音楽鑑賞、観劇、女子会、街着など

◆あわせる帯 おしゃれ袋帯、九寸名古屋帯、八寸名古屋帯、半幅帯
長く着るものだからこそ…
すっきりと潔く、洗練された一枚で織りを愉しむのもまた良いもの。

本場琉球南風原花織の着尺をご紹介いたします。
伝統工芸士・野原俊雄氏によって、一糸一糸丁寧に織り上げられた織りの逸品です。
どうぞお見逃しなく、末永くご愛用いただければ幸いです。



柔らかな光沢を感じさせる白色の紬地。
縦方向にすっと淡く、一条の猫柳色の暈し間道と、
灰桜色と藍色の細縞を織り成して…
軽やかなシャリ感を持たせた、しなやかな織りあがりの一枚です。

絹の光沢で浮かび上がる花織模様が複雑に、
わずか1mmの浮織で密に織り成されています。

シンプルな柄の繰り返しを、手織にてあらわす根気のいる作業。
またシンプルだからこそ、ごまかしのきかない張り詰めた緊張感の中での美の探究。
手の凝った仕上がりをお楽しみ頂ける極上の紬でございます。

洗練されたハイセンスな着姿をお楽しみいただけることと思います。

沖縄各地に「花織」は存在します。
そのうち、伝統的工芸品に指定されておりますのは、読谷村と与那国の花織です。

読谷村は、むかし琉球の人々が異国との交易を行ったところ。
様々な国の船を受け入れて、豊かな文化交流の中で独自の織物が発展していきました。
また、与那国も海に囲まれた小さな島ですので、
そこでも独自の織物の文化の発達があったことは想像に難くありません。

各地で見出された素晴らしい染織文化は、王府のある首里へと自然に運ばれ、
伝えられ、土着の在郷らしい意匠から、
王家や士族の着用にふさわしい、より洗練された意匠へと進化していきました。

首里の王朝に近い南風原の土地。
一説では、より首里に近い産地ですので、
この地で織りあげられたものこそが、
本当の王朝のお着物であると言われることもございます。

より複雑化・高度化し、より豊かに花ひらいた織物の文化。

琉球花織の洗練の頂点に達した逸品と言っても過言ではありません。

糸質の良さ、技法の確かさ、染織デザイン的な美しさはもとより、
民族衣装としての織物文化そのものを身にまとう贅沢を、
存分に味わっていただけることでしょう。

豊かな手仕事の技を、どうぞごこの機会にご堪能下さい。
沖縄の織物を愛するお方に、心を込めてお届けさせていただきます。
お仕立ご希望の場合、
[ 袷 ]
地入れ2,160円+※胴裏4,860円~+紬八掛10,500円+お仕立代19,500円(全て税込)で承ります。
[ 単 ]
地入れ2,160円+衿裏2,100円+お仕立代19,500円(全て税込)で承ります。
・海外手縫い価格です。国内手縫いは、「大島紬・結城紬」+25,500円(税込)、「左記以外の紬」+15,000円(税込)で承ります。




※胴裏の価格について
※身丈について
商品加工をご要望の場合
(地入れ)


※お仕立てご用命の際は、一度お手元でお色、風合いなどご確認頂いた後、Web集荷依頼サービス(無料)にてご返送ください。

※着姿の画像はイメージ写真です。柄の出方が少々異なる場合がございます。
[A1G102121]-[TP:浅野]-[PS:浅野]-[CH:木村ひ]-[文責:竹中]-[0813017]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

【本場琉球南風原花織紬着尺】≪野原織物工房 伝統工芸士・野原俊雄≫洗練された経暈の織!-着物

LASSICコラム

リサイクル 重要無形文化財本場結城紬80亀甲着物【中古】

【本場琉球南風原花織紬着尺】≪野原織物工房 伝統工芸士・野原俊雄≫洗練された経暈の織!-着物

はたらく仲間の声 トム ブラウン THOM BROWNE メンズ トップス ニット・セーター【4-Bar Wool & Mohair Sweater】Red

Vol.2 竹内 好恵

【本場琉球南風原花織紬着尺】≪野原織物工房 伝統工芸士・野原俊雄≫洗練された経暈の織!-着物

お客さまの声

ショシャーナ Shoshanna レディース 水着 ボトムのみ【Pleated Waves Loop Bottoms】Blue/White

【本場琉球南風原花織紬着尺】≪野原織物工房 伝統工芸士・野原俊雄≫洗練された経暈の織!-着物

らしく研究レポート

【リモートワーク編】Vol.3

【本場琉球南風原花織紬着尺】≪野原織物工房 伝統工芸士・野原俊雄≫洗練された経暈の織!-着物

らしく研究レポート